Chat with us, powered by LiveChat

グルテン不耐性は世界的な問題です、イギリス国内では全体の1.9%の人々が持っていると言われています。この数値は上昇し続け、最も心配な事実として、グルテン不耐性を持っているほとんどの人がちゃんと診断されていないという事です。こちらがグルテン不耐性が及ぼす症状5つです:

消化器系の問題

グルテンの摂取後の下痢、腹部膨満、便秘などがグルテン不耐性のサインである可能性があります。便秘は子供、大人に関わらずとてもよくある症状です。

倦怠感

グルテンやグルテンを含む食事の摂取後の倦怠感はグルテン不耐性のサインの可能性があります。

神経系症状

めまい、筋力低下、発作、精神不安定などの神経系の症状もグルテン不耐性のサインです。しかし、これらの症状がグルテン摂取後に起こるかどうか知る事が重要です。

痛み

頭痛、片頭痛や他の身体の痛みはグルテン不耐性を示している可能性があります。それに伴い、不安や憂鬱な感情を引き起こす可能性もあります。

関節の腫れ

特に指、膝、肘、臀部の関節の炎症、痛み、腫れはグルテン不耐性を示している可能性があります。

グルテン不耐性のテスト方法

一番良いグルテン不耐性のテスト方法は一定期間、例えば1ヶ月日常の食事からグルテンを取り抜いてみる事です。食事の材料に必ずグルテンが入っていない事を確認して食事から完全に取り除かなければなりません。あなたの身体からグルテンを体内から取り除いたら、また少しずつグルテンを摂取していきます。もし症状が起こる場合、それはあなたがグルテン不耐性を持っているという強力なサインとなります。

避けるべきもの

グルテン不耐性の症状を引き起こしたくない場合、グルテンを全く摂取しないように気を付けなければいけません。グルテン不耐性を診断された時は1ヶ月に1回であってもグルテンを摂取しないという事が推奨されています。統計によると、グルテン不耐性の人がグルテンを摂取する事で死のリスクが6倍になると言われています。グルテンは不耐性を持つ患者にとって危険となるたんぱく質などのミネラルを豊富に含んでいます。これが少量であっても麦、大麦、ライ麦を摂取するべきではない理由です。

グルテン不耐性を持つ人が出来るのはフルーツ、お米、お肉などのグルテンを全く含んでいない物を摂取する事です。そうすれば体は必要なミネラルを摂取でき、ネガティブな状況を避ける事が出来ます。更に、健康的な生活の為に実践できる食事プランを医者と相談する事も出来ます。より詳しく知りたい方は Allergy Test チームがいつでもお助けいたします。