Chat with us, powered by LiveChat

不耐性テストから受ける主要なリクエストの中の一つがイースト不耐性を持っているかどうか、という事です。驚く事にイースト不耐性は一般的によく見られ、重大な苦痛をもたらす不耐性なのです。イースト不耐性の症状は様々です、腹部の膨満感、疲労感、口臭、湿疹、気持ちの不安定、胸やけなどは全てイースト不耐性と関連している可能性のある症状です。

ほとんどの人はイーストをパンやケーキ、お菓子から摂取しています。ほとんどの場合発酵させるために使用されますが、ビールにもイーストは使われています。もちろんこれらの食べ物はほとんどの人にとって大事なものなので、イースト不耐性を診断されたとき、多くの人は楽しい食生活の終わりだと考える人も居ますが、そうではありません。

イースト不耐性の人がするべきこと:

自分の食生活を変えるためにはかなりの措置を講じる必要があります。そうすれば、体にイーストを解毒させ、修復し始めることができます。イースト不耐症の症状を引き起す可能性があるため、イーストが豊富に含まれている製品(先ほど紹介したような)や牛乳や乳製品、菓子類などのイースト不耐性の症状を引き起こすような物を取り除く必要があります。

通常イーストが含まれていない物は以下の通りです(ラベルをしっかり確認してください)

  • ソーダブレッド
  • ピタパン
  • ナン
  • トルティーヤ
  • おもち