Chat with us, powered by LiveChat

アメリカ合衆国では何らかの食物アレルギーを持っていると自身で考える人の数が年々増加しています、しかしほとんどの例でそれは食品に対する過敏性、もしくは食物不耐性なのです。アレルギーと不耐性は全くの別物です。今回はこの2つの違いについて紹介し、このトピックにまつわる通説を紐解いていきます。

アレルギーとは何か

アレルギー反応というのは特定の食べ物を食べた直後に発生します。ほとんどの場合アレルギーを持つ食べ物を摂取、吸引、または触れてから1分から2時間以内にアレルギー反応が起こります。これはIgE抗体を含み、場合によっては命にも関わります。

症状は、くしゃみ、痒み、目や鼻のかゆみや潤い、そして唇、舌、目の腫れ、嘔吐や下痢、場合によってはアナフィラキシーまで幅広くあります。これらの症状を感じた場合、即座に病院に行かなければなりません。

遅れてくる反応(4時間から28時間)は非IgE依存性アレルギーと呼ばれ、アレルギーテストで当社がテストしているアレルギーの種類です。

アレルギーと不耐性の違いとは

不耐性は命に関わる問題ではありませんが、大きな不快感を引き起こす可能性があります。食物不耐性に反応している時は、腹部の膨満感、ガスが溜まった感覚、下痢、吐き気、片頭痛、または倦怠感といったような症状が見られます。他にも発疹や湿疹などの皮膚に関する問題も起こる可能性があります。

どのようにしてアレルギーテストは行われるのか

当社は最新のバイオテクノロジーを利用して世界で最も包括的なテストを開発しました。毛髪をサンプルとして使用し、情報を入手して被験者の不耐性を図に表します。

当社は、毛髪のサンプルが、より侵襲性が低いことを発見し、血液サンプルや尿サンプルのように状態が悪化したり、変化する事がありません。

被験者の結果が出たら、85%以上のレベルの全ての食物不耐性のリストがメールで被験者に送られます。これはリストに載っている物に高い不耐性がある事を示しています。当社が何千ものテストをこれまで行ってきた結果、85%以上というレベルから不耐性による症状が出てくるという事を発見しました。

不耐性は歳を重ねるごとに変化する事はあるのか

特定の食物に対するあなたの不体制レベルは歳を重ねるごとに変化する可能性はあります。特定の食べ物を長い間食べなかった場合などでこのような変化が起こる可能性がありますが、全ての人に起こるという訳ではありません。

研究によれば、35歳を過ぎるとラクターゼの活動が低下すると言われており、それは私たちの身体は35歳を過ぎると乳製品を分解する力が弱まる事を意味しています。

あなたは特定の食べ物や金属に体が反応を示したことがありますか?私たちはそれを調べ、明確にすることで、健康的で幸せな生活作りの手助けをする事が出来ます。

当社の商品を見てみて下さい:https://allergytest.jp/order-now/